ベースは無理をしない事

聞いたことありませんか?

妊娠している間、体調や体形の変化でできなくなることは多いと思いますが、昔から良くないと言われ、やらないほうが良いと思われていることもあります。
地域性もあるようですが、そうした話は聞いたことがあるのではないでしょうか。
有名な一つとして、妊婦さんがお葬式に行くとおなかの赤ちゃんに良くない事が起こる、というものがあります。
例えば、赤ちゃんに痣ができるとか、ちょっと怖いものでは、霊に取りつかれる、といったものもあるようです。
これらはいわゆる「迷信」と言われるもので、根拠があるわけではありません。
そんな話を聞かされてしまったら、怖くなってしまいますよね。
そこで、悪いことから赤ちゃんを守るために、お腹に鏡を入れていきます。
鏡は昔から邪気を跳ね返すと言われています。
映る面を外に向けて入れていきましょう。

妊婦さんは特別な体

実はこの迷信には理由があります。
お葬式はお通夜から告別式、火葬まで長時間拘束されます。
一日では終わりませんし、短時間で切り上げる、というわけにもいかないものですから、妊婦さんにとっては体に負担になることが多いので、こうした迷信によって無理をさせないという意味合いもあるようです。
また、根拠がないとしても、生まれた赤ちゃんにもしものことがあったら、お葬式に出たことを後悔するかもしれません。
そういうことがないように、ママには不安がないように、元気な赤ちゃんが生まれるように、という願いからできたのではないでしょうか。
大好きな人が亡くなってしまったら、お別れの挨拶には行きたいものです。
自分の妊娠中にそうした不幸がないとは言い切れませんから、妊娠がわかった時に、こうした事は心に留めておくことで、いざという時慌てることがないでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る